• 豊かな森林を抱えています。

    和歌山県は県土の77%が森林の、全国でも有数の林業県。
    森林の95%が民有林で、その約6割が人工林であり、
    9齢級以上(45年生)の森林が約8割もあるなど
    利用できる資源に恵まれています。
    江戸時代の昔から「紀州・木の国」と呼ばれ、
    良質な木材を生み出す林業地として注目されてきました。

  • 色がいい、粘り強い、耐久性がある紀州材。

    住宅用木材として強度や色合い・目合いの良さなどで高く評価されてきた紀州材。
    色つやが良く、素直で狂いが少なく、強度・耐久性に優れています。
    特に、強度については、どれくらいの「強さ(粘り強さ)」があるのか。
    和歌山県林業試験場にて試験研究を行い、紀州材の優れた強度を証明。
    粘り強さを表す値も、圧縮、引っ張り、曲げ、せん断といった強度値も
    全国の基準値を上回り、紀州材はまさに上質な材と言えます。

  • 世界遺産、熊野の森林を守り、後世へ。

    熊野古道をはじめとする美しく壮大な山々。
    昔から紀伊山地は、神々の住む地として崇められてきました。
    北の高野山から吉野、大峰、熊野三山とそれぞれの山に参詣道や修験の道があり、
    いまも往時の面影を残しています。
    この日本人の精神や文化の発展に寄与した雄大な自然を守り、
    後世に伝えて行くことも紀州林業の役割です。

  • 機械化を進めて、低コスト林業へ。

    木材価格が低迷する中で木材の生産量を増大させるには、山から丸太を
    切り出すのにかかるコストを出来るだけ下げることが重要です。
    和歌山県ではこれまで、低コスト林業の取り組みを進めてきました。
    「高性能林業機械」をうまく活用して生産性を高め、生産コストを下げる。
    そのためには、施業する場所をまとめて広いエリアにし、作業道の整備によって
    高性能林業機械が走行できるようにすることが重要となります。
    今後も、この機械化をより進めていきます。

  • 木質バイオマス利用にも、積極的に取組んでいます。

    和歌山県では、製材所での木材乾燥の熱源、温泉施設での給湯、
    ビニールハウスでの暖房などに木質バイオマス燃料が利用されています。
    大切に育ててきた木材資源を余すことなく、暮らしに役立つものとして活かす。
    それが、地球温暖化の防止や循環型社会の構築につながり、
    地域や森林の活性化にも役立っています。

  • 紀州備長炭づくりは、紀南地方で受け継がれています。

    ウバメガシを原料に作られる固くて良質な備長炭。
    この備長炭の品質は、世界一の品質と言われています。日本有数の生産量を誇り、
    年間約1,200トンを生産。その製炭技術は、和歌山県の無形民俗文化財に
    指定されており、主に紀南地方(日高、西牟婁、東牟婁)などで焼かれています。
    現在、「紀州備長炭技術保存会」によって保持され、技術を継承。
    山村暮らしと炭焼きに憧れる人も多いといいます。

新着情報

  • 2019.10.17

    森林の仕事ガイダンスに、和歌山県が参加!

    • 10月26日(土)東京国際フォーラム ホールB7 11:00〜17:00(最終入場16:30)
    • 11月16日(土)OMM ホール 11:00〜17:00(最終入場16:30)
  • 2019.09.17
    「職・住」トータルサポート 紀州林業就業相談会 詳しくはこちら
  • 2019.09.13
    「職・住」トータルサポート 紀州林業就業相談会
    2019年10月5日(土)10:00〜15:00 和歌山で開催決定
  • 2019.09.02
    来て、見て、触って!紀州林業体感セミナーを東京9月11日(水)・大阪9月20日(金)に開催します。(9/2)